• ときたま通信
  • 町田HP、キッズページ

最新のレポート

※当サイト内の文章・画像等の無断転載はご遠慮下さい

10・11月レポート「ころころ秋の三大事業」

目次:
たまがわ学園ハロウィン2021
「棒サッカーころころカップ」
ころころ小春祭2021ころころの学校「宮沢賢治が作ったらこんな学校になるかな?」

たまがわ学園ハロウィン2021

10月27日(水)pm2:30~4:30 対象:小学生以上(年長も可) (参加者34名)

たまがわ学園ハロウィン2021。2015年から始めたこの企画、今回で7年目を迎えました。
昨年同様、今年もコロナ対策のため「子ども110番の家」の方との対面は極力避けての開催となりましたが、3丁目・4丁目・7丁目と、3つのコースに分かれハロウィンの仮装をして「子ども110番の家」を巡りました。
これもコロナ対策で訪問先の「子ども110番の家」でトリックオアトリートはできませんでしたが、そんな中でも、是非にと家の前で出迎え嬉しい声かけをしてくれるご家庭もあり、子どもたちを見守る地域の温かさを知ることができる良い機会となりました。

子どもたちにとって普段見慣れた町並みですが、「子ども110番の家」の看板を意識して歩く機会は少なく、看板を見つけるたびに「こんなとこにもあった!」と驚きの声が上がっていました。子どもたちは「子ども110番の家」の看板を確認し、この玉川学園の町にはこんなにも「子ども110番の家」があり、いざという時は助けてくれる人達が大勢いることを学んだと思います。

今回は「子ども110番の家」のお宅の方々と親しい交流はできませんでしたが、大切な行事として来年以降も引き続き実施していきたいと思います。

お菓子はころころ児童館に戻ってきて、先生たちから受け取りました。

「棒サッカーころころカップ」

10月30日(土)PM1:00~PM3:00 対象:どなたでも ※予約制 (参加者28名)

まだ耳に新しい「棒サッカー」とは、フェンスで細長く囲まれたコートを作り、その中で、スティックを使ってボールを転がし、ゴールさせるサッカーです。プレイヤーはコートをはさんで向かい合ってイスに座りながら、スティックでボールを打ち合います。座ってスティックをふるだけの競技なので、幼児から高齢者までの様々な年代で楽しめます。このスポーツは大阪の高齢者施設で生まれ、2013年に発足した「日本棒サッカー協会」が公式化し、普及に取り組んでいます。

昨年度から玉川学園の「ころころ児童館」と、玉川学園で町トレ教室を主宰する「玉川町トレ友の会」とが協力して、「まちだ〇ごと大作戦 棒サッカーで地域を元気に大作戦」を行っています。
今年はこれまでの活動の拠点だった玉川学園地域から、近隣へも活動を広げ、近隣の南大谷や三輪の児童館でも練習会を開催しました。また、ころころ児童館では土曜日に行う全体遊び等のレクリエーションイベントで、町トレの会ではさくらんぼホールで定期的な棒サッカーの練習を昨年同様行いました。夏には町トレの方たちと地域の子ども達で練習試合をしたり、玉川学園地域の高齢者施設での体験会を行い、様々な世代を対象に普及活動に取り組みを行う中、今回10月にこれまでの練習成果を発揮する「第二回ころころカップ」が実現しました。

三輪子どもクラブでの練習会

めぐみ+デイサービスでの体験会

ころころ児童館での全体遊び

ころころ児童館での棒サッカー練習試合

今年の大会当日は、これまで行ってきた練習会等を通して棒サッカーに親しんできた地域のチーム4チームがエントリーし、トーナメント制で試合を行いました。
どの試合も盛り上がりを見せ、夏の練習試合の時とは違いそれぞれの場所で練習を積んできたチームはその成果がみられ、素晴らしい勝負を繰り広げました。僅差で負けてしまったチームもくやし涙を流すほどの真剣試合となりました。
優勝したのは「チームぼうサッカー」。町トレメンバーの「チームグランダ」との激しい試合を制し、見事勝利を掴みました。試合後の喜びと誇らしさにあふれた表情に皆、大きな拍手を送りました。
今後も地域のみなさんが棒サッカーを通じてふれあえる機会を作っていけたらと思います。

チームグランダ 対 チームぼうサッカー

にじいろチーム 対 チームグランダ

ころころ小春祭2021ころころの学校「宮沢賢治が作ったらこんな学校になるかな?」

11月20日(土)AM10:00~PM3:00 対象:3才以上のかた ※予約制 (参加者100名)

開催までの様子

昨年の小春祭のテーマは、ころころらしい村づくりをテーマにした「村立て」でした。
子どもたちが村人となり、ころころ村の一員として、それぞれの役割を考え、活動することを目的としました。村の入口で検温や消毒をしたり、お店や道を作ったりと様々な仕事を自分達で考え、作り出して活動しました。そんな村づくりの中で「学校」をやりたいという子はいませんでした。

そこで、今年はどんな学校なら、行きたくなるかを考えました。子ども達の意見も合わせ、「ころころの学校」を作ってみました。賢治にも手伝ってもらい・・・。
講師の先生達は、ころころ選りすぐりの「面白いこと大好き」な先生達で、開校です。

授業の様子

「学校」の先生方は、児童館の先生や講師で来てもらっている先生方にそれぞれの得意分野の授業を行ってもらうことになりました。宮沢賢治にちなんで、賢治のグスコーブドリの伝記にもある「養蚕」、童話や詩の中にたびたび登場する「天気」や「石」や「宇宙」を、テーマにした工作や実験、その他にも子ども委員会の「全体遊び」や体操の先生による「注文の多い体育店」の授業も行いました。

今回の小春祭に参加した子ども達は1時限ごとにそれぞれ好きな授業を選択して授業に参加します。
どの授業も、とても魅力的な題材を用意していて、参加した子ども達は、皆熱心に取り組んでいました。

最後の4時限目の音楽の授業は、参加した子ども達や先生たちも含めて、みんなの心を一つにまとめるための太鼓でしめくくりです。最初はバラバラだった太鼓の音が先生の誘導で次第にまとまっていき、全員でひとつのリズムを刻んでいく様子は見事でした。

帰りに修了証を受け取り帰路につく子ども達はどの顔もとても満足そうでした。
このコロナ禍で絆がバラバラにされてしまった今の状況、またこうしてみんなで心を一つに小春祭を成功させることができたことはとても喜ばしく思います。

10月レポート

目次:
MOこもこハロウィン
育児講座「赤ちゃんとのコミュニケーション」(マザリーズ)

MOこもこハロウィン

10月23日(土) ①AM10:30~11:30 ②PM2:00~5:00
対象:どなたでも

今年も1日通してハロウィンのイベントを行いました。

●ジャック・オ・ランタン作り

本物のカボチャでつくるハロウィンのランタンづくり!最初にマジックで顔の絵を描き、次に、ヘタの部分を切ってフタにします。中の種やワタを丁寧に取り除き、段ボールカッターを使って、顔のパーツをくり抜いたら完成!大変な作業もありましたが、自分だけのオリジナルランタンができあがりました!色々な表情のランタンが並んでかわいかったです。

●ハロウィンのおはなし会

まちだ語り手の会による「ハロウィンのおはなし会」に幼児から大人までが参加しました。素語りや絵本の読み聞かせ、手遊びなどをしてくださり、楽しいお話し会になりました。

●ハロウィンゲーム&ビンゴ大会

まちだ語り手の会による「ハロウィンのおはなし会」に幼児から大人までが参加しました。素語りや絵本の読み聞かせ、手遊びなどをしてくださり、楽しいお話し会になりました。

子ども委員がゲームの企画を考え、今年は「ハロウィン的当て」「目玉すくい」「気配切り」「ゾンビタイム」を行いました。

その他、館内に隠されている謎を解いたり、ハロウィン仮装大賞も行い楽しみました。ビンゴ大会では、皆ビンゴを目指して、大盛り上がり!子ども達は景品をもらって嬉しそうでした。

育児講座「赤ちゃんとのコミュニケーション」(マザリーズ)

10月25日(土)AM11:00~12:00
対象:0歳と保護者

コロナ禍で初めての子育てはわからないことだらけで不安もいっぱい!そんなママ達のために今日は講師をお呼びして育児講座を開催いたしました。ママは赤ちゃんをあやすうちに、母子間に自然と愛着が形成されます。赤ちゃんと関わる女性は特徴的な話し方「やや高め・ゆっくり・抑揚たっぷり」で赤ちゃんとコミュニケーションを取ります。その理論を知ってもらい、改めて関わり方を意識してもらうことで、今後の子育ての安心感につながれば良いと思っています。また、11月にも育児講座「リラクゼーション」を開催する予定です。お楽しみに!