• 町田HP、キッズページ
  • 町田HP、キッズページ
  • MAAH
  • 子どもシェフ養成講座

2018年

10月レポート

目次:
ハロウィン2018(10月31日)

ハロウィン2018「仮装して子ども110番の家を巡ろう!」

日時:10月31日(水)3:20~5:00
対象:小学生以上(年長も可)
参加者:43名

今年もころころではたくさんのハロウィンイベントがありました。

20日(土)は仮装した子どもたちと、学生の楽団で10月31日ハロウィン当日の宣伝パレードをしました。まずは館内でミニコンサートがあり、気分が盛り上がってきたところでいざ商店街へ!子どもたちは、31日の「子ども110番巡り」のチラシを持って歩きます。商店街を歩く人にチラシを渡したいのですが、子どもたちは恥ずかしいようで、なかなかできません。ですが、一人目になんとか渡すことができると、二人目、三人目とテンポよく渡せるようになりました。楽団の演奏とみんなのかわいらしい仮装のおかげで、注目度は抜群でした。

25日(木)~27日(土)は「めいみぃさんの体感アート」「工作コーナー」「ジャックオランタン作り」があり、ハロウィンにちなんだ工作を楽しみました。今年はハロウィンイラストのパズルや、仮装用の帽子などを作りました。ジャックオランタンのかぼちゃは例年に比べてとても固く、目や口をくり抜くのがとても大変でした。しかし、低学年の子は「固くてできないよ!」と文句を言いながらも、あきらめずに最後まで完成させることができました。

そして31日(水)は、仮装して子ども110番の家を巡ります。今年も通学路をもとに、4つのコースに分かれて、子ども110番の家を巡りました。2015年から始めたこの企画も4年目を迎えました。今年は閉館期間があったため、申し込み者は例年より少なめでした。まずはころころのホールで魔女の内田先生を相手に、合言葉「トリックオアトリート」の練習です。お菓子をもらった後の「ありがとう」まで言えたら合格です。準備ができたら黄色い看板「子ども110番の家」を目指して出発です。目的地に着くと、子ども110番の家の方は、思い思いの仮装をした子どもたちを皆さんとてもうれしそうに迎えてくれました。子どもたちはおかしをもらい、最後は全員できちんと挨拶をして、「子ども110番の家」の方々と顔見知りになることができました。昨年のコースから少し変更があり、歩く距離が増えましたが、おかしをたくさんもらい、仮装を楽しみながら笑顔で歩いていました。